伊豆の名湯「木太刀の湯」。日帰り温泉「スパリブマックス天城湯ヶ島」

伊豆の名湯「木太刀の湯」。日帰り温泉「スパリブマックス天城湯ヶ島」

入館料(ご宿泊者様は不要)
入館料
大人:1,000円/小学生:500円 (タオル・フェイスタオル付き)
タオル不用の場合 大人:700円/小学生:300円
  • ※料金は消費税・入湯税込みです。

温泉施設のご案内

大浴場

大浴場

源泉かけ流しの大浴場からライトアップされた猫越川をご覧ください。


洞窟風呂

洞窟風呂

洞窟を抜ければ蛍が見れる猫越川の清流が望めるお風呂です。

貸切風呂

貸切風呂

貸切り風呂をご用意。家族で気兼ねなくご利用いただけます。
※ご希望のお客様は、フロントにてお問い合わせください。

露天風呂

露天風呂

名勝世古峡を望む源泉かけ流しの空中露天風呂です。

大浴場

露天陶器風呂(男湯)

猫越川に隣接する露天陶器風呂では、川のせせらぎや木々の葉擦れを体感できます。

<

館内施設のご案内

レストラン

レストラン

昼食・夕食は豊富なメニューを取り揃えた館内のレストランで。

カラオケルーム

カラオケルーム

大人からお子様まで、ご家族で気軽にお楽しみいただけます。

ゲームコーナー

ゲームコーナー

小さなお子様もお楽しみいただけるキッズスペースもございます。

温泉について

泉質・温泉成分効能

源泉名 木太刀温泉 湯ヶ島23号
泉質 単純温泉(低張性・弱アルカリ性・低温泉)
源泉の温度 32.5℃
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
禁忌症 急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、心臓病(ただし高温浴「42℃以上」の場合)、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、高度の動脈硬化症(ただし高温浴の場合)、高血圧症(ただし高温浴の場合)、その他一般に病性進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)

天城湯ヶ島 木太刀温泉の由来

源頼朝が天城山麓にて狩猟をし世古の渓流に遊んだ折り、岩間から湯気が上がるの見て、木太刀で岩を起こしたところ温泉が湧き出たのが始まりと言われたため「木太刀の湯」と呼んで共同入浴をした。「切り傷」「火傷」に特効がある共同浴場であったが、昭和33年の狩野川台風により流出したが、昭和36年に歴史に因み「木太刀荘」と名付けられた国民宿舎が建てられ2015年に「リブマックスリゾート天城湯ヶ島」となり、現在に至る。

天城隧道ができ、車の普及に伴い修善寺から下田までバスが走るようになり、川端康成が「伊豆の踊り子」を執筆し、井上靖が自伝的小説として「しろばんば」を執筆している。他に梶井基次郎、北原白秋、若水牧水、与謝野晶子等が逗留して多くの作品を執筆した。そのために天城湯ヶ島温泉は文人ゆかりの温泉と言われる。

日帰り温泉